ごはんが多いぞ! Saikaiの青椒肉絲定食

青椒肉絲食べ歩き

土曜午前の目白

歯医者の帰りにふと思う。

青椒肉絲を食べよう。

本当は歯医者の予約を入れた時からそう決めていたが、細かいことは気にしない。

というわけで、雑司が谷の歯医者から歩いて目白駅に向かった。

雑司が谷から目白駅は、千登勢橋を渡り、学習院大学の横を過ぎるとすぐだ。わずか10分ほどで着いてしまう。

そして今回の店は駅から徒歩1分の「Saikai(西海)」だ。

目白駅徒歩一分(横断歩道なし)の好立地

 

がっつり中華!

11時少し過ぎの店内には先客が1組しかいない。

入り口近くの席に座りメニューを見てみる。

細長い店内

  

青椒肉絲定食は930円。中華ランチはだいたい700~850円がボリュームゾーンだから、ここは少し高めか。ただし、どこの店でも青椒肉絲は+50~100円くらい高くなる傾向にあるから、実感としては30~80円くらい高い印象かだろうか。ご飯の大盛り無料はさすがのデフォだ。

と、ここで珍しいメニューを発見する。

青椒肉絲麺だ。

これはいい。扱っている店はあんまりないんだよなあ。めっちゃ食べたい・・・。しかし定食と合わせて食べる自信がなかったため、泣く泣く青椒肉絲麺は断念する。

レアメニュー参上

 

料理はすぐに運ばれてきた(7分くらい?)。青椒肉絲を楽しみにしていた私だが、第一印象はごはんの量に持っていかれた。これでごはん並盛なら大盛はどうなるんだ?

他の店の大盛でも通用しそうなごはん

 

素晴らしいごはんの量だ。さっそく食してみる。

レタスの敷かれた青椒肉絲は温かく、ほんの少しだが酸味がきいていて次のひと口へのインターバルを短くする。
シャキシャキはあまりない。その分あっさり系の味が具材にしっかり染み込み美味い。油はやや多めの部類に入るだろうか。

青椒肉絲に酸味がマッチすることを発見できた

 

ごはんは多く、青椒肉絲はどんどん進むので、ペース配分には少し気を使う。それでも10分かからず食べ終わってしまった。青椒肉絲麺を食べる余力があるかと本気で悩んだが、楽しみは次回にとっておくことにする。

Saikaiは大衆中華として満足感の得られる店だった。定食、麺の種類も多く、トッピングのバリエーションも楽しめる。出てくるのも早いのでランチにもいい。

細やかな気づかいもうれしい

 

来週も歯医者だから、次は青椒肉絲麺を食べにこよう。

それにしても噛む力が強すぎて歯が痛くなるとは、よく噛んで食べるのも考えものだあ・・・

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

  2. 2

    【20-21シーズン】76ers注目選手① ベン・シモンズ

  3. 3

    ごはんが多いぞ! Saikaiの青椒肉絲定食

オススメ記事

  1. シャーロック・ホームズの冒険「花婿失踪事件 (A Case of Identity)」作品紹介

  2. シャーロック・ホームズの小説(正典、パスティーシュ、パロディ)

  3. シャーロック・ホームズの冒険「青いガーネット (The Adventure of the Blue Carbuncle)」作品紹介

  4. 【20-21シーズン】76ers注目選手① ベン・シモンズ

  5. シャーロック・ホームズ

  6. 王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

  7. 【20-21シーズン】76ers注目選手③ グリーン、カリー、ハワード

  8. トロント・ラプターズ優勝‼

TOP