VPSにWebサーバを構築しました

ふと思ったこと

みなさん、こんばんは

突然ですが、このサイトはVPSを使用しています。

VPSっておいしいの? と、誤解してしまった方に少し説明します。

VPSとは、Virtual Private Server(まったく覚える必要ないです)の略で、簡単に言えば、

サイトを(ほぼ)一から作ることができる“場”のようなものです。

VPSサービスを提供する会社からその“場”を借りて、自分で必要なソフトを入れたり、苦労しながら設定をしたりします。

ちょっとまて、いまどきブログなんて簡単に開設できるぞ。そんなまどろっこしいことになんのメリットがあるんだ? 

確かにその通りです。ウェブサイトを作ることが目的なら、申し込んだらあとは記事を書くだけのサービスを利用した方がはるかに簡単で早いです。私が最初に作ったToyBoxのサイトもさくらインターネットのレンタルサーバを使っています。アカウントを作ったら、あとは本の通りにポチポチボタンをクリックしたらウェブサイトができていました。WordPressでデザインを作るのは少し大変でしたが、ドメインの設定やセキュリティなどの難しいところはほとんどサービス側で行ってくれました。

VPSではそれらの設定はすべて自分で行います。なんたってOSを入れるところからスタートですから。

では、なぜやるのか?

私の場合、それはふたつに集約されます。

勉強になる

そして、

楽しい

からです。

OS、ソフト、通信(とくにTeraTermなどで外部から操作できるような環境を作ったりすると)、セキュリティなど、ウェブサイトがどうやってできて、どのように動いているかが、レンタルサーバでウェブサイトを作るよりもはるかに分かるようになります(もちろん実務レベルには到底及びませんが)。

各操作自体Linuxというコマンドラインの操作になるので、その操作の勉強にもなります。

独自ドメインの設定にはとにかく苦しみました。

いろんな設定ファイルをいじりました。

もうできないんじゃないかとくじけそうになりました。

でもだからこそ、できた時の爽快感は素晴らしいんです。

私はもともともの組み立てるのが好きですし、今年から未経験ながらサーバの構築をする現場に配属になったので、勉強ができて楽しいVPSはぜひいじりたいものだったのです。

ちなみに職業訓練時代にも一度VPSでサイトを作りましたが、その時は独自ドメインもHTTPS接続もありませんでした。ただandroidアプリから情報の引き出す先となるだけのサイトでした。

今回はちゃんとしたブログサイトですので、独自ドメインもHTTPSもしっかりやりました。

WordPressのCocoonテーマのおかげで本家のToyBoxより今風のサイトが簡単にできてしまいましたが、ウェブサイトのトップページが正常に表示できるようになるまでの制作記録をToyBoxに上げていきますので、興味のある方はぜひ見てみてくだい。

次はAWSかなあ・・・

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

  2. 2

    【20-21シーズン】76ers注目選手① ベン・シモンズ

  3. 3

    ごはんが多いぞ! Saikaiの青椒肉絲定食

オススメ記事

  1. 【20-21シーズン】76ers注目選手① ベン・シモンズ

  2. シャーロック・ホームズの小説(正典、パスティーシュ、パロディ)

  3. シャーロック・ホームズの冒険「花婿失踪事件 (A Case of Identity)」作品紹介

  4. 【20-21シーズン】76ers注目選手③ グリーン、カリー、ハワード

  5. トロント・ラプターズ優勝‼

  6. シャーロック・ホームズの冒険「青いガーネット (The Adventure of the Blue Carbuncle)」作品紹介

  7. シャーロック・ホームズ

  8. 王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

TOP