【NBA】76ers試合感想(1/8~1/10)

NBA / 76ers

1/8 vs ネッツ

敗北 76ers:109 ネッツ:122

アービング、デュラントというNBA最強クラスのデュオが欠場したネッツとの一戦でしたが、76ersは勝つことができませんでした。カリーが欠場したとはいえ、アウェイはやはり苦手なのでしょうか。。。勝敗は別にしても、76ersディフェンスが最強デュオ相手にどう対応するか楽しみにしていただけに少し残念です。ただ、ネッツは、アービング、デュラントを欠いても、まだディアンドレ・ジョーダンやジョー・ハリスといった他チームならスタメン級の選手をベンチから投入できる層の厚さを持っています。

ハリスはベンチ出場ながら最多の28ポイント、ジョーダンは、スタメンのアレンとともにリムプロテクターとして合格点以上も活躍をしました。この試合は、優勝候補筆頭に挙げられるだけの強さを見せつけられてしまいましたね。76ersはエンビードが20ポイント12リバウンドを挙げたものの、インサイドを制していたとはいえず、ネッツの脅威とはなっていませんでしたね。チーム全体としてもターンオーバーが20もあり、76ersはやりたいことができずフラストレーションが溜まっているのがプレーにも出ていました。それを逃さず、第2Q後半に一気に点差を広げて勝敗の流れを決定づけたネッツは強かったです。そんな中でもスタメンで出たミルトンと、途中出場のマクシーは躍動していました。ミルトンは24ポイント7アシスト、マクシーは20分の出場ながら16ポイント、2人ともハワードのド派手なアリウープダンクを演出するなど、ネッツディフェンスを切り裂きました。2人の成長は今後も楽しみです。

1/10 vs ナゲッツ

敗北 ナゲッツ:115 76ers:103

76ersはコロナの影響で試合開催条件ギリギリのロスター8人という状態での試合となりました。カリー、ハリスはコロナでしばらく出場できず、シモンズ、エンビードはコンディションを考慮して欠場。またシックスマンのミルトンも濃厚接触のため欠場(7日間の自主隔離処置)。スタメン4人にシックスマン不在の中での試合は非常に厳しいです。新人のタイリース・マクシー、アイザイア・ジョー、ダコタ・マサイアスが40分オーバーの出場で第2Qまで競った試合になったのが不思議なくらいです。内容は、第4Q戦い切るのがやっとといった状態ですが、マクシーが39ポイントと大爆発、スコアリング能力が非凡であることを示しました。また、7リバウンド6アシスト2スティールと得点だけではないことも証明しています。今季最長出場となった(この状況なので当然ですが、、)アイザイア・ジョーも3本の3ポイントショットを決めて13ポイント獲得。フィジカル含めまだまだNBAレベルとは言えないかもしれませんが、少しでも多く出場時間を勝ち取って、早くNBAに適応してもらいたいですね。

緊急事態

コロナの影響が来てしまいました。当分は76ersは厳しい戦いを強いられることになります。ここまで順調に来ていただけにとても残念です。ただ、エンビードとシモンズは怪我という扱いですが、休養に近い欠場らしいので、次戦には出場できるかもしれません。ナゲッツ戦はボールハンドラーと司令塔が不在となりオフェンスが単調になってしまいましたが、シモンズがいれば今いるメンバーでも落ち着いてオフェンスが展開できると思います。むしろ心配なのは、試合の勝敗より残ったプレイヤーの出場時間が増えてしますことですね。ここらへんは勝敗度外視で、若手に長いプレイタイムを与えて、経験を積ます期間と割り切るくらいのスタンスでもいいのかも。ハリスやカリー不在の中でも勝っていこうと思ったら、どうしても怪我のリスクがつきまとうエンビードとシモンズを長い時間コートに立たせないといけないでしょうし。難しい状況ですが、「選手の健康を守るのが、私の義務」と語ったドック・リバースのマネジメントに期待しましょう。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

  2. 2

    【20-21シーズン】76ers注目選手 コルクマズ、ミルトン、サイブル、ジョー④

  3. 3

    シャーロック・ホームズの冒険「青いガーネット (The Adventure of the Blue Carbuncle)」作品紹介

オススメ記事

  1. 王道を味わう! 銀座アスターの青椒肉絲

  2. シャーロック・ホームズの冒険「青いガーネット (The Adventure of the Blue Carbuncle)」作品紹介

  3. 【20-21シーズン】76ers注目選手③ グリーン、カリー、ハワード

  4. トロント・ラプターズ優勝‼

  5. シャーロック・ホームズ

  6. シャーロック・ホームズの小説(正典、パスティーシュ、パロディ)

  7. シャーロック・ホームズの冒険「花婿失踪事件 (A Case of Identity)」作品紹介

  8. 【20-21シーズン】76ers注目選手① ベン・シモンズ

TOP